未分類

タイで化学品を輸入する前に準備すること

タイで化学品を輸入する前に大切なポイントをお伝えします。

当社は物流業界で、特に化学品や危険物の輸送において専門知識を持っています。
このブログは、タイで化学品や危険物を輸入される皆様のお役に立ちたいという思いで作成しました。

化学品を輸入する際には、以下のポイントをしっかり押さえておきましょう。

  • SDS(安全データシート)の準備


SDSには製品の詳細な情報が記載されていますが、100%全開示な情報を入手するのは難しい場合があります。
成分が非公開にされていたり、CAS番号が開示されていない場合もあります。しかし、正確な情報は安全な輸入に不可欠です。100%開示されたSDSを入手するよう心がけましょう。
メーカー以外が発行したSDSは、メーカーが発行したものとは異なり、信頼性に欠けることがありますのでご注意ください。

  • DIW(タイ工業省)規制の確認


タイ国内では、化学品や危険物の取り扱いがDIW(Department of Industrial Works)によって規制されています。SDSが入手できれば、DIWのウェブサイトで製品が危険物に該当するかどうかを確認できます。
化学品の場合、DIWの規制に該当する場合、商品がTYPE 1からTYPE 4のいずれかに分類されます。
分類が高いほど危険度が増し、輸入が難しくなります。TYPE 1からTYPE 4に分類される場合は、事前に適切なライセンスを取得する必要があります。

安全な輸入を行うためには、これらのポイントをしっかり押さえておくことが大切です。
正確な情報を基に、安全かつスムーズな輸入手続きを進めていただければと思います。